無人島学校とは

無人島学校とは、ガスなし、水道なし、電気なし、
あるのは豊かな自然と「10の掟」だけという無人島に渡り、
1日中「自由」に過ごすというプログラムです。

子どもたちに与えられた自由な生活には、楽しいだけでない過酷な現実が待っています。

それは「生きる」ということ。

子どもたちは、生きるための営みを毎日繰り返すうちに、
自然の恩恵や仲間のありがたさ、そして命の尊さを実感していきます。

正解が変化し続ける今、必要なのは「自分で考える力」
無人島で仲間と共感し、さまざまな命に触れ、ありがとうを探す。
無人島での一週間が子どもたちを育てます。

オンラインでの面接事前研修 各自ワークブックでの事前課題などの十分な対策をして本番を迎えます。
また、ソロテントでの就寝など、今の社会情勢に合わせた企画をしています。
子どもたちの体験やまなびの機会が減っている今だからこそぜひお考えください。

無人島学校 一週間自給自足生活挑戦
2021年8月15日(日)~22日(日)7泊8日

エントリー締切 7月5日(月)17:00