チャレンジアイランドとは、ガスなし、水道なし、電気なし、あるのは豊かな自然と

「10の掟」だけという無人島に渡り、1日中「自由」に過ごすというプログラムです。

子どもたちに与えられた自由な生活には、楽しいだけでない過酷な現実が待っています。
それは「生きる」ということ。

子どもたちは、生きるための営みを毎日繰り返すうちに、自然の恩恵や仲間のありがたさ、
そして命の尊さを実感していきます。

私たちは、このプログラムを通して自分を振り返り、「当たり前」と思っていることのありがたさや、

「生きる」ということを正面から向きあうきっかけとなればと思っています。

 

チャレンジアイランド 10の掟

  1. 島には電気・ガス・水道はない。
  2. 島に持ち込む食料は米、調味料のみ。
  3. 水は各チームが働きによって手に入れた「オーシャン(※1)」によって入手可能。
  4. 火は火打石と火打ち金を使用する。
  5. 採った食料、作った食事は残すべからず。作り置き、弁当は許されない。
  6. 無人島では絶対に1人で行動しない。海に入る時は「ガード(※2)」の前でのみ入水。
  7. 1日の過ごし方は自由、時計も不要。ただし、必ず3食食べること。
  8. 緊急用食料として鶏が同行する。最終日まで食さなかった場合は全員参加の「イノチの話合い(※3)」で鶏をどうするか決める。
  9. 夜は「カタライの壷(※4)」に想いをしたためる。
  10. リタイア以外、最終日まで帰ることはできない。最終日まで生き続けた者は「オーシャントロフィー(※5)」を手に入れる。

 

※1 無人島内で通用する通貨。オーシャンの基準は、自分や仲間が生きるために行った行為に対して評価される。

※2 チーム全員が同時に入水することは許されない。
18歳以上の者が必ず一人以上ガードとして陸上から入水者を監視することを厳守する。

※3 6日目の朝食後に鶏が存命の場合、チャレンジャー全員一致を原則に鶏を食するかどうかを決定する。

※4 毎夜、浜で行われる「カタライの刻」、その日起こった出来事、感じた事を「カタライの壷」に仲間の見守る中、納める。

※5 最終日までこの掟を守り通したチャレンジャーには、チャレンジの証であるオーシャントロフィーが与えられる。

staff_yama.png
staff_eno.png

<実施記録>

2007年 企画スタート

2008年 第2回実施

2009年 第3回実施

第9回トム・ソーヤスクール企画コンテスト 優秀賞受賞

2010年 第4回実施

2011年 第5回実施

2012年 第6回実施

関西テレビ「ニュースアンカー」にて放送

2013年 第7回実施

2014年 第8回実施

MBS毎日放送「VOICE(ヴォイス)」・TBS「Nスタ」 密着取材を放送

2015年 第9回実施

読売テレビ 朝生ワイド す・またん ZIP にて放送

2016年 第10回実施

 

<主催>

特定非営利活動法人 生涯学習サポート兵庫

<協力>

特定非営利活動法人 神戸ライフセービングクラブ
兵庫県立いえしま自然体験センター