チャレンジアイランドとは、ガスなし、水道なし、電気なし、
あるのは豊かな自然と「10の掟」だけという無人島に渡り、
1日中「自由」に過ごすというプログラムです。

子どもたちに与えられた自由な生活には、楽しいだけでない過酷な現実が待っています。

それは「生きる」ということ。

子どもたちは、生きるための営みを毎日繰り返すうちに、
自然の恩恵や仲間のありがたさ、そして命の尊さを実感していきます。

私たちは、このプログラムを通して自分を振り返り、「当たり前」と思っていることのありがたさや、
「生きる」ということを正面から向きあうきっかけとなればと思っています。